遺言書、遺産分割、相続・贈与における節税対策のことなら名古屋市南区の丸田行政書士事務所にお任せください。

HOME > 遺言書・相続トップ > 遺言書作成のすすめ > 遺言書が必要な人

遺言書作成のすすめ

残された家族が安心して暮らせるよう、心身ともに元気で判断能力がしっかりしているうちに「遺言書」を作成することをおすすめいたします。

遺言書が必要な人

相続の現実

 相続財産が自宅と少しの現金や預金のみで、相続税はかからないという家庭が一番もめる
  そうです。
 話し合いによる遺産分割がまとまらず、家庭裁判所で遺産分割調停が成立したうちの7割以上
  は、相続税を支払う必要のない、相続財産が5,000万円以下の家庭です。
 離婚・再婚が増えており、家族関係が複雑な家庭では、前妻と後妻の子供同士が遺産分割協議
  をしなければならない状況では、うまくまとまらないことの方が多いでしょう。
 昨今の経済状況、年金問題による将来不安などにより、親の遺産をあてにしている子らによ
  る遺産分割のトラブルが増えています。特別受益寄与分など、過去の話を持ち出して、各
  相続人が自己の主張ばかりをすると、遺産分割協議はさらに収拾がつかなくなります。
 今は仲の良い家族でも、相続争いを契機に不仲となる家族は決してまれなケースではないの
  です。

                                                
遺言書、遺産分割、相続・贈与における節税対策は名古屋市南区の丸田行政書士事務所にお任せください。

事務所・プロフィール | 個人情報保護方針 | 特定商取引に基づく表示

Copyright (C) 2010 丸田行政書士事務所, All rights reserved.
相続の基礎知識 遺言書作成のすすめ 遺産分割協議書作成のすすめ 相続・贈与の節税対策