遺言書、遺産分割、相続・贈与における節税対策のことなら名古屋市南区の丸田行政書士事務所にお任せください。

HOME > 遺言書・相続トップ > 遺言書作成のすすめ > 遺留分とは

遺留分とは


遺留分減殺請求権の行使方法

遺留分を侵害されている法定相続人は、自分が取り戻すことができる相続分があることを知ったときから1年以内、または相続開始後10年以内に、返還請求の意思表示をして、財産の返還を求めることができます。
返還請求の意思表示としては、訴訟を起こしたり、家庭裁判所へ調停を申し立ててもよいのですが、内容証明郵便で文書を送っても有効な証拠となります。
裁判所HP:遺留分減殺による物件返還請求調停へリンク

遺留分の放棄

遺留分を有する相続人は、相続開始前(被相続人の生存中)に、家庭裁判所の許可を得て、あらかじめ遺留分を放棄することができます。
相続開始後に遺留分を放棄する場合、裁判所の許可は必要ありません。
遺留分を放棄しても、相続を放棄したことになるわけではありません。
裁判所HP:遺留分放棄の許可へリンク

                                                
                                
遺言書、遺産分割、相続・贈与における節税対策は名古屋市南区の丸田行政書士事務所にお任せください。

事務所・プロフィール | 個人情報保護方針 | 特定商取引に基づく表示

Copyright (C) 2010 丸田行政書士事務所, All rights reserved.
相続の基礎知識 遺言書作成のすすめ 遺産分割協議書作成のすすめ 相続・贈与の節税対策