遺言書、遺産分割、相続・贈与における節税対策のことなら名古屋市南区の丸田行政書士事務所にお任せください。

HOME > 遺言書・相続トップ > 遺言書作成のすすめ > 遺言でできること

遺言でできること

 法定相続分と異なる相続分の指定をして、妻に全財産を残す。
 死後5年間は遺産分割を禁止する。
 家族以外の方に財産を遺贈する。
 婚姻していない女性との間の子を認知して、その子に財産を残す。
 自分を虐待した子を相続人から廃除する。
 遺言執行者を指定して、遺言を円滑に実行してもらう。
 未成年の子の面倒を見てくれる後見人を指定する。
 遺留分を侵害する遺贈が複数ある場合に、減殺する順序を指定する。

もめない相続にするための具体策

「相続の現実」で、相続財産が自宅と少しの現金や預金のみで、相続税はかからないという家庭が
一番もめるというお話をしましたが、どうすればもめない相続とすることができたのでしょうか?
遺言書があればできた、もめない相続の具体策をご紹介します。


                                
遺言書、遺産分割、相続・贈与における節税対策は名古屋市南区の丸田行政書士事務所にお任せください。

事務所・プロフィール | 個人情報保護方針 | 特定商取引に基づく表示

Copyright (C) 2010 丸田行政書士事務所, All rights reserved.
相続の基礎知識 遺言書作成のすすめ 遺産分割協議書作成のすすめ 相続・贈与の節税対策