遺言書、遺産分割、相続・贈与における節税対策のことなら名古屋市南区の丸田行政書士事務所にお任せください。

HOME > 遺言書・相続トップ > 相続の基礎知識 > 相続放棄・限定承認

相続放棄・限定承認

 相続放棄・・・相続人は、自己の相続分を放棄することができます。ただし、相続財産ではない
          生命保険金、死亡退職金は受け取ることができます。
 限定承認・・・相続財産が全体としてプラスなのか、借金が多くてマイナスとなっているのか
          かわからないような場合に、差し引きマイナスにならない範囲で引き継ぐという
          条件付きで、相続を承認すること ができます。
 単純承認・・・相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内に、
          限定承認又は相続放棄をしなければ、プラス財産とマイナス財産のすべてを相
          続します。

ただし、すでに相続財産の全部または一部を処分していたときは、相続放棄・限定承認をすることはできません。

                                        
遺言書、遺産分割、相続・贈与における節税対策は名古屋市南区の丸田行政書士事務所にお任せください。

事務所・プロフィール | 個人情報保護方針 | 特定商取引に基づく表示

Copyright (C) 2010 丸田行政書士事務所, All rights reserved.
相続の基礎知識 遺言書作成のすすめ 遺産分割協議書作成のすすめ 相続・贈与の節税対策