遺言書、遺産分割、相続・贈与における節税対策のことなら名古屋市南区の丸田行政書士事務所にお任せください。

HOME > 遺言書・相続トップ > 相続の基礎知識 > 相続人の欠格事由・廃除

相続人の欠格事由・廃除

法定相続人でも、以下のような場合には相続人となることができません。

相続人の欠格事由

以下のような者は、相続人となることができません。
 故意に(※1)被相続人、または先順位もしくは同順位の相続人を殺害しようとした(※2)
  ため、刑に処せられた者
 被相続人をだましたり脅したりして、被相続人の意思に反した遺言書を書かせた者、遺言
  書を破棄、または隠した者
※1 過失致死罪で処罰された者は、相続人になることができます。
※2 殺人未遂罪で処罰された者は、相続人となることができません。

相続人の廃除

 被相続人を虐待するなどした相続人(兄弟姉妹を除く)を、家庭裁判所に申し立てることに
  より、相続人から廃除することができます。
 実際に家庭裁判所で相続廃除が認められた例は多くないようです。
 兄弟姉妹を廃除することはできないので、兄弟姉妹に相続させたくない場合は、遺言によっ
  て相続人の指定をする必要があります。

                                        
遺言書、遺産分割、相続・贈与における節税対策は名古屋市南区の丸田行政書士事務所にお任せください。

事務所・プロフィール | 個人情報保護方針 | 特定商取引に基づく表示

Copyright (C) 2010 丸田行政書士事務所, All rights reserved.
相続の基礎知識 遺言書作成のすすめ 遺産分割協議書作成のすすめ 相続・贈与の節税対策