遺言書、遺産分割、相続・贈与における節税対策のことなら名古屋市南区の丸田行政書士事務所にお任せください。

HOME > 遺言書・相続トップ > 相続・贈与の節税対策 > 節税における3つのポイント

相続・贈与の節税対策

相続財産が相続税の基礎控除額(5,000万円+(1,000万円×法定相続人の人数))を超える場合、
相続税を支払う必要があります。
しかし、様々な税額控除の制度を利用したり、生前から相続税がかからないような対策をとることが
できます。
生前からできる相続・贈与に関する 節税ポイントをまとめてみましたので、参考にしてください。

節税における3つのポイント

1.円満な相続をする

2.生前の早いうちから計画的に対策をとっておく

3.相続税の各種特例を利用する


国税庁HP:相続税の計算と税額控除へリンク

                                                

遺言書、遺産分割、相続・贈与における節税対策は名古屋市南区の丸田行政書士事務所にお任せください。

事務所・プロフィール | 個人情報保護方針 | 特定商取引に基づく表示

Copyright (C) 2010 丸田行政書士事務所, All rights reserved.
相続の基礎知識 遺言書作成のすすめ 遺産分割協議書作成のすすめ 相続・贈与の節税対策