遺言書、遺産分割、相続・贈与における節税対策のことなら名古屋市南区の丸田行政書士事務所にお任せください。

HOME > 遺言書・相続トップ > 相続・贈与の節税対策 > 相続税の計算方法

相続税を支払う必要がある人

相続財産が相続税の基礎控除額(5,000万円+(1,000万円×法定相続人の人数))を超える場合、相続税を支払う必要があります。
法定相続人の数え方は数え方は民法と相続税法とでは異なるので、注意してください。
  相続放棄した相続人も法定相続人に含まれます。
  養子については、被相続人に実子がいる場合は1人まで、実子がいない場合は2人までしか
   法定相続人として認められません。ただし、特別養子や配偶者の連れ子、実子等の代襲相続
   人の場合は養子の人数に制限はありません。

相続税の計算方法

 国税庁HP:相続税の計算へリンク

 国税庁HP:相続税の税率へリンク

                                        
遺言書、遺産分割、相続・贈与における節税対策は名古屋市南区の丸田行政書士事務所にお任せください。

事務所・プロフィール | 個人情報保護方針 | 特定商取引に基づく表示

Copyright (C) 2010 丸田行政書士事務所, All rights reserved.
相続の基礎知識 遺言書作成のすすめ 遺産分割協議書作成のすすめ 相続・贈与の節税対策