遺言書、遺産分割、相続・贈与における節税対策のことなら名古屋市南区の丸田行政書士事務所にお任せください。

HOME > 遺言書・相続トップ > 相続・贈与の節税対策 > 贈与税の計算方法

贈与税(暦年課税)の計算方法

贈与税の仕組みを知り、贈与を賢く活用して、相続税の節税を行いましょう。

非課税額

 1年間(1月1日~12月31日)に110万円までは贈与税が課せられません。

特徴と注意点

 相続財産を減らすことができるので、確実に節税効果が得られますが、贈与税のかからない
  範囲で大きな効果を得るには長期間の年数がかかります。
 生活費や教育費(入学金、授業料等)には、贈与税は課されません。
   贈与とみなされるケース
 相続開始以前3年間に行った贈与は、相続財産に含まれます(孫への贈与を除く)。
 現金で贈与してしまうと税務署に贈与とみなされず、相続税か課されることがあるので、贈与
  契約書(税務署に事後的に作成したものと疑われないように公証役場で確定日付をとっておく)
  と振込などの方法で証拠を残しておくとよいでしょう。小額の贈与税が課されるような贈与をして、
  確定申告をしておく方法が、証拠としては一番確実です。
   贈与契約書サンプル
   金銭消費貸借契約書サンプル
      ※上記契約書は、ともに収入印紙を貼る必要があります。印紙税額については下記リン
       クの「印紙税額一覧表」番号1を参照してください。
   国税庁HP:印紙税額一覧表へリンク
 毎年小額、かつ同額の贈与を続けると、分割して贈与をしたものとみなされ、合計額に対して
  贈与税が課されることがあります(連年贈与)。毎年の贈与金額や贈与する日を変えるなどの
  工夫をしておくとよいでしょう。

税額の計算

 贈与を受けた人ごとに、1年間(1月1日~12月31日)に贈与した額から基礎控除額(110万円)を
  差し引いた額について課税されます。
 贈与税額=基礎控除後課税価格×税率ー控除額
  (例)1年間に510万円の贈与を受けた場合の贈与税額
      ⇒(510万円-110万円)×20%-25万円=55万円
  
国税庁HP:贈与税の計算と税率(暦年課税)へリンク

                                        
遺言書、遺産分割、相続・贈与における節税対策は名古屋市南区の丸田行政書士事務所にお任せください。

事務所・プロフィール | 個人情報保護方針 | 特定商取引に基づく表示

Copyright (C) 2010 丸田行政書士事務所, All rights reserved.
相続の基礎知識 遺言書作成のすすめ 遺産分割協議書作成のすすめ 相続・贈与の節税対策