遺言書、遺産分割、相続・贈与における節税対策のことなら名古屋市南区の丸田行政書士事務所にお任せください。

HOME > 遺言書・相続トップ > 遺産分割協議書作成のすすめ > 特別代理人

特別代理人

未成年者は、一定の行為を除き、単独で有効に法律行為を行うことができません。
未成年者が親や兄弟などと遺産分割協議をするには、家庭裁判所で特別代理人を選任してもらう必要があり、相続人と特別代理人とが一緒に遺産分割協議を行うことになります。
裁判所HP:特別代理人選任(親権者とその子との利益相反の場合)へリンク

                                        
遺言書、遺産分割、相続・贈与における節税対策は名古屋市南区の丸田行政書士事務所にお任せください。

事務所・プロフィール | 個人情報保護方針 | 特定商取引に基づく表示

Copyright (C) 2010 丸田行政書士事務所, All rights reserved.
相続の基礎知識 遺言書作成のすすめ 遺産分割協議書作成のすすめ 相続・贈与の節税対策