成年後見のご相談・申立てについては名古屋市南区の丸田司法書士・行政書士事務所にお任せください。

HOME > 成年後見 > 成年後見制度 > 成年後見制度とは

成年後見制度とは

成年後見制度は、認知症、知的障害、精神障害等によって物事の判断能力が不十分な方(本人)の権利について、守る人(成年後見人等)を選任して、本人を法律的に支援する制度として、平成12年4月1日に始まりました。

参考:名古屋市社会福祉協議会の権利擁護事業
 趣旨  
  知的障害者・精神障害者・認知症高齢者など判断能力が不十分な方が、日常的な金銭管理などにお困りの場合に、地域で安心した生活を送ることができるよう、各種の相談に応じ、本人の主体性や自立性を尊重した視点で必要な援助を実施します 
 事業の内容
(1)相談事業  生活に関する相談や相続・遺言など法律に関する相談に応じます。 
(2)金銭管理サービス(1回1,000円、生活保護世帯は無料)  通帳を預かり、預貯金の出し入れや福祉サービスの利用料等の支払い代行を行います。 
  (3)財産保全サービス(月額250円、生活保護世帯は無料)  預金通帳や権利書などをお預かりし、権利擁護センターが契約している金融機関の貸金庫に保管します。 
  (4)福祉サービスの利用援助  定期的に訪問する事を通して、契約者の方ができるだけ本人の能力を生かし、地域で安定した生活ができるよう福祉サービスの利用援助等を行います。 

                                        
遺言書、遺産分割、相続・贈与における節税対策は名古屋市南区の丸田司法書士・行政書士事務所にお任せください。

事務所・プロフィール | 個人情報保護方針 | 特定商取引に基づく表示

Copyright (C) 2010 丸田司法書士・行政書士事務所, All rights reserved.
相続の基礎知識 遺言書作成のすすめ 遺産分割協議書作成のすすめ 相続・贈与の節税対策